読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラノグラフィア

適当に捌け口

シン・ゴジラとは

 

大ヒットしたシン・ゴジラですが、正直何が面白かったのかがわからないのでここに不満をひとつ。視点が変わるような意見がありましたらぜひお願いします。私も楽しんで観たいとは思うので。


不満を抱く理由はそもそもゴジラとはなんぞや、と私が思ってしまうことに起因。ゴジラシリーズを幼少期から見て映画館で小さいスケールのフィギュアを買ってもらったのをよく覚えています。私の胸の中では彼は仮面ライダーウルトラマンと並列に応援していたヒーローなのです。

ゴジラVSモスラゴジラモスラに対して敵として描かれていますが、これが特例でありその他の作品で彼(メスだが彼とする)は味方として扱われています。


シン・ゴジラは冒頭から昔ながらのゴジラらしい映し方がなされていて、期待も高まります。そして怪獣が登場し……と流れていくわけなのですが、後輩の言葉がまずそのまま。


・なぜゴジラがきたのかわからない

そこに理由を求めるのかと言われるかもしれませんが、見てる側からしては一つ目の大きな疑問です。ぶっちゃけ適当でいいんです、宇宙から隕石で、とかゲノムがどうたのこうたのとそれっぽい理由をつけてくれれば見てる側は納得するのです。日本を震撼させるストーリー上リアリティが欲しかったのかもしれません、対象年齢をあげたかったのかもしれません。怪獣だって生きてるんですから、ポッと出な入り方はいまひとつでした。


ここでさらに思うわけです


ゴジラじゃなくていいじゃない

いままでのゴジラを観てきた人も思ったのではないでしょうか。監督さんが何を見てゴジラを作りたいと思ったのかは存じませんが、そもそもゴジラの必要がないと途中から思い始めました。日本を陥れるだけならば別にゴジラでなくCGを駆使した使徒でよかったと思います。ゴジラ放射線できた〜的な話をしてましたが、どうでもいいです。前述した通り私にとっては正義の味方なんです。悪であるのが嫌なのではなく、扱いの酷さが報われない。アメリカ版のゴジラとそう違わない。


プロトンレーザー!  素晴らしいラミエル光線でした。火炎放射からのレーザー化は思わず目を見張りました。これはすごい。ここで映画は終了しました。


ゴジラ撃退までが惰性のように

相対する敵がいないからそう感じてしまっている自分かもしれません。人間が考えて考えて打開策を考え、実行まで行き着きました。本来ならラストでドンパチドンパチが激しくなるわけですが、今回はゴジラ対人間あのような形になってしまいました。確かにここまで見れば妙にリアリティを求めているので、ウルトラマンゼットンを倒したミサイルのようなものが出てくるとは思いませんでしたが、あれでよかったんでしょうか……?  ゴジラはトゲ刺されてもガッツで立ち上がっていたイメージなんですが。まあ、あくまでひとつのゴジラですしね……。


仮面ライダー龍騎という作品がありました。この作品は賛否両論で、仮面ライダー同士で戦うなんてとアンチな方もおります。機動武闘伝Gガンダムという作品も同じです。ようは仮面ライダーを、ガンダムを使うなってことをファンの方は仰りたいのだと思います。過去からの流れを見れば異色であるのは確かです。ファンだから許せないこともあり、ファンだから許容しなきゃと思うこともある。


これはゴジラじゃない。日本が有事の際にどう戦うか、立ち直るか。軍事に力入れたいなら「宣戦布告」のような映画を作ってください。エヴァンゲリオンが作りたいなら続編を作ってください。エヴァンゲリオンなんてゴジラにいりません、ゴジラに必要なのはゴジラです。新しいゴジラと謳えば何してもいいわけじゃないと思います。


色んな著名な方々が、社会的に様々な人が褒め称えるのを見ているとこの映画は素晴らしくて、マイノリティな私が異常なんだと思います。ただ、褒めているのはゴジラではなくて映像だったり、軍事のことだったり、キャストだったりと主役はどこにいるんですか。


ライダーキックも、スペシウム光線も必要ない特撮の新たな切り口のゴジラ。監督さん、素敵です。この映画のゴジラは、タイトルで息絶えています。